今日からリスティング広告を配信開始したけれど、「あれ?広告が表示されていない…」なんてこと、実は結構あったりします。今回は、そんな時、慌てる前に確かめておきたいチェックポイントをまとめています。

【目次】

  1. 配信の初日で良くある原因とその対処法
    • 配信開始日
    • 一日の予算が少ない
    • 入札単価が低い
    • 検索ボリュームが少ない
  2. 今まで配信が出来ていたのに、配信が急に止まってしまった場合
    • 終了日設定
    • アカウントの予算上限
  3. 配信設定による誤解
    • 時間帯設定
    • 配信エリア設定
    • 除外キーワード
  4. まとめ

①配信の初日で良くある原因とその対処法

・配信開始日

リスティング広告のキャンペーンには配信開始日配信終了日を設定する項目があります。配信終了日は無期限に配信をすることもありますので、必須項目ではありませんが、配信開始日は必ず入力する必要があります。配信開始日に過去の日付を設定することはできませんので、入稿日の当日以降の日付を入力する必要があります。

キャンペーンの配信設定がオンになっていても、配信開始日が先の日付で設定されている場合は、配信開始日の日付まで配信されません。入稿の際に仮に登録しておいた日付が残っていたりする場合もありますので、配信開始日になっても表示されていないという場合にはこの配信開始日の日付を確認してみてください。

配信開始日が間違っていた場合は、再度登録し直せばその日から配信開始できます。

※当日よりも過去の日付には設定できません。

・一日あたりの予算が少ない

リスティング広告のキャンペーンには一日あたりの予算を設定しなければなりません。設定されている予算が少なすぎる場合、広告表示が思うようにされに場合があります。この場合、広告の管理画面上で表示回数が発生しているかを確認してみましょう。表示回数が発生していれば、とりあえず広告は表示されています。

例えば、配信したいキーワードのクリック単価が50円だったとします。このキャンペーンの一日あたりの予算を1000円に設定してしまうと、一日に獲得できるクリックの数は20回というのが分かるかと思います。逆の言い方をすると、1日20回クリックされてしまえば、その日はもう広告表示をすることが出来ません。

キャンペーンの予算設定には下記の2パターンの設定が選べます。

・広告を1日の中で均等に表示する
・集中化:できるだけ早い時間帯に広告を表示する

均等表示の場合は媒体が配信するタイミングを調整してくれるため、できるだけ1日かけて予算を消化するように配信されます。集中化の場合は、媒体が調整してくれないため、クリック数が多ければ午前中に予算を消化してしまい、午後は広告が配信されないということも起こりえます。

どちらの設定にしていたとしても、キャンペーンに設定する一日あたりの予算が少ない場合、広告を表示すべきタイミングで広告表示がされないという機会損失が発生してしまいます。

1日あたりのキャンペーン予算が少ない場合は、キャンペーン予算を増やすか、キーワードの入札単価を下げることで表示機会を増やすことが出来ます。ただし、キーワードの入札単価を下げる場合は次に紹介します内容を踏まえて対応する必要があります。

・入札単価が低い

リスティング広告が広告枠に掲載されるためには、広告オークションで勝つ必要があります。オークションでの広告の順位は広告ランクというものによって決定されます。

さらに細かく見てくると、広告ランクとは「広告の品質スコア」×「入札単価」で決定されています。この「広告の品質スコア」は媒体側で設定されるもので、過去のクリック率やページとの関連性をもとに算出されているものです。

「広告の品質スコア」が高ければ、入札単価が低くても広告ランクを高めることが出来るので、競合と比べ有利に広告配信ができるのですが、「広告の品質スコア」はすぐに改善するのが難しい数値になります。その為、今すぐに広告ランクを上げるためには入札単価を上げる必要があります。

広告ランクが低くて、広告が掲載されていない場合、入札単価を上げることで、結果的に広告ランクを高めることが出来ますので、広告を掲載できるようになります。ただし、このままですと、クリック単価が高騰してしまいますので、長期的には「広告の品質スコア」を高められるよう、クリック率や、広告とキーワードの関連性、サイトの利便性などを改善していくほうが良いでしょう。

・検索ボリュームが少ない

リスティング広告の掲載にはキーワードサスペンドという状態があります。Google での検索数が極めて少ないキーワードの場合、ユーザーの検索と広告の関連性がないと判断され、広告が一時的に非アクティブの状態になります。

※このような状態のキーワードには管理画面上で「検索ボリュームが少ない」と表示されています。

これらのキーワードは検索回数が増えてくると、自動的に配信される状態に戻ります。

このキーワードサスペンドという状態は、「○○で検索」などで良く見られる誘導キーワードで広告を出稿する場合に起こりやすいです。キャンペーンの開始当初はユーザーの検索数も少ないためキーワードサスペンドの状態になりやすいので、あらかじめ配信開始前に検索数を増やすなど対策をしておくとよいでしょう。

②今まで配信が出来ていたのに、配信が急に止まってしまった場合

・終了日設定

冒頭で説明いたしました、配信開始日と同様のケースです。リスティング広告のキャンペーンには配信終了日を設定することが出来ます。この項目は設定しなくても配信できますが、キャンペーンの期間の延長など、追加的に変更があった場合に元の設定が残ったままであると、キャンペーンが配信終了日で停止してしまいますので注意が必要です。

一度終了したキャンペーンであっても、キャンペーン終了日を変更すれば再度配信が可能です。

・アカウントの予算上限

リスティング広告を運用するための広告アカウントではアカウントの予算を設定することが出来ます。多くの場合、プリペイド方式で対応されているかと思います。自動入金設定をしていない場合、あらかじめ入金した金額に広告費用が達すると広告の配信は停止されてしまいます。

アカウントの上限予算に達してしまった場合は、追加で入金をすれば、広告は再開されます。

※広告代理店などが使用しているアカウントの場合は、請求書対応になっているものあります。

③配信設定による誤解

これまで、リスティング広告が表示されていない場合、突然されなくなった場合に想定される、良くある原因をまとめさせていただきました。

ここからは、「あれ?配信されていない」と焦ったとき、実は配信されなくて正解といううっかりケースをご紹介いたします。

・時間帯設定

リスティング広告では、広告配信する曜日や時間帯を設定することが出来ます。例えば月曜日から金曜日の9時~18時と配信設定をした場合、金曜日の19時にキーワードが検索されたとしても広告は表示されません。

BtoBの商材で平日の日中しか問い合わせが発生しないような商材の場合、事務所の営業時間に合わせて広告配信の時間帯を設定したほうが、費用対効果が高まる場合があります。ただし、広告が表示されない時間帯は表示機会を損失していることにもなりますので、広告掲載の時間帯設定は十分に注意して判断する必要があります。

・配信エリア設定

リスティング広告では、特定の地域やある地点を中心としたエリアに広告配信を絞り込むことができます。配信エリアを設定すると、それ以外の地域では広告が掲載されなくなります。

その為、自分自身がいる地域以外のエリアを配信地域として設定した場合、自分自身には広告表示を確認することはできません。このような場合に、広告掲載を目視で確認したいからという理由で、一時的に配信エリアの設定を解除する広告主の方もいらっしゃいますが、これはあまり良いやり方ではありません。

自身が所在する地域以外のエリアで広告配信がされているかどうかを確認したい場合は広告プレビューと診断ツールを活用するようにしましょう。

⇒配信エリアの設定についてもっと知りたい方は詳しく知りたい方はコチラを参照ください。
リスティング広告で配信エリアを限定して広告配信をしたい場合

・除外キーワードの設定

リスティング広告では、ビジネスに関連性の低いキーワードや、取り扱いのない商品など、広告を表示させたくないキーワードを除外ワードとして登録しておくことが出来ます。除外キーワードに登録されているキーワードであれば、検索されたとしても広告は表示されません。

例えば、電気屋さんのリスティング広告で、取り扱いのない商品だった「テレビ」を除外ワードとして登録していたとします。この度、新たに「テレビ」を取り扱うことになり、リスティング広告にもキーワードを追加することにしました。

このような場合、当初設定していた「テレビ」という除外ワードが残っていると、広告が配信されません。キーワードを追加する際は、念のため除外ワードも確認しておくとよいでしょう。

除外ワードに登録しておいたキーワードで広告配信をしたくなった際は、除外ワードを削除すれば広告掲載をすることが出来ます。

④まとめ

いかがでしたか。今回は、リスティング広告が表示されていないときに確かめたい、よくある原因をまとめさせていただきました。リスティング広告は誰にでもできるように比較的簡単なつくりをしています。ですので、広告表示がされていないかも・・・と思った場合は、比較的うっかりミスが原因であることが多いです。配信されていない場合は、まずは上記の項目を調べてみてください。

「とりあえず、配信はしてみたけれど・・・」

とリスティング広告の運用についてお困りの際は是非ご相談いただければとおもいます。